2011年04月21日

常総生協による母乳検査結果(ヨウ素・セシウム)

bonyusokutei1.jpgbonyusokutei2.jpg

常総生協と組合員、職員、地域の産婦人科の協力により測定されたものです。
(画像は常総生協の組合員向けニュースをスキャンしたもの)
我が家も常総生協に加入しており、昨年末に子どもが誕生したのも庄司産婦人科なので測定するか相談中です。

ヨウ素131は半減期8日なので、ほぼゼロまで3ヶ月、としても。
チェルノブイリでは5〜10年後に小児甲状腺がんが多発したわけだから、いったん取り込まれた放射性ヨウ素が生体の何らかの機能を破壊し、発症を待っている、といった状態なのかも知れません。
低線量だからといって安心とは言えないし、むしろ低線量のリスクを肥田医師、矢ケ崎先生、鎌仲監督らが主張してきています。

どう考えるべきなのか。

生まれたばかりの娘ががん・白血病になる姿をみたくないので、できるだけ対策してあげたい。
それと同じ気持で当地に住む子どもたちおよびうちの野菜を食べ続けようとしてくれている人たちに接しようと思います。

「暫定規制値を下回っているんだから大丈夫」と、支援の意味なのでしょうがどんどん買おう、売ろうとする取り組みが盛り上がっているのを危惧します。
低線量の内部被曝のことをどこまでご存知なのだろうか。善意が、たぶんそれが原因とは認識されないまま、被害を招くことをどう捉えるべきなのか。知ってて続けてる奴は許せんが。

うちの農場の判断はこの文書にあるとおりです。
福島第一原発事故による被害農業者救済の緊急提言

PS 茨城県南地域にお住まいでこうした活動を応援してくださる皆様、ぜひ常総生協の組合員になってください。なお、我が家も組合員ですが勤め先の農場はこれまで常総生協には出荷していません。利害ない関係です。念のため。




posted by ichirok at 10:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 原子力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
画像アップありがとうございます。
参考にさせていただきます。
Posted by nana at 2011年04月21日 15:30
2次の表が見やすくて、経緯がよくわかりました。Eさんのその後の検査結果など、またアップしていただけたらと思います。
Posted by Franny at 2011年04月23日 01:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。